2011年01月10日

SEO対策にも戦略を!

 

SEO対策を戦略的に行っている企業は今現在、どれほどあるのでしょうか?



例えば、色々なキーワードでSEO対策を行っていて、ワインを販売している
ECサイトを運営しているとします。



その時、下記のような結果だとしましょう。



キーワード|ユーザー数|コンバージョン率|コンバージョン数|表示順位
----------------------------------------------------------------------------------------------
ワイン    10000          0.8%       80       15位
白ワイン    8000              0.7%       56        4位
赤ワイン    4000              1.5%       60        8位



どのキーワードをSEO対策してもそれなりにコンバージョンはあるので、
成果を出すことができます。



問題は、どのキーワードのSEO対策を行うのが一番早い結果が出せるかです。



上の表だけで判断すると、一番やってはいけない施策はどのキーワードも
同じようにSEO対策をするということです。



というのは、キーワードによってコンバージョン率に差があり、今後より
SEO対策を強化することで注文が伸びていきそうなキーワードに差がある
からです。



具体的なSEO対策の戦術策として、大きく2通りの手法が考えられます。



「ワイン」というビックキーワードでもまだまだSEO対策で伸ばせると
いうことであれば、順位がまだまだ伸びる余地が大きいので、「ワイン」
というキーワードをSEO対策の主軸にすると良いかもしれません。



色々なSEO対策をしているが、「ワイン」というキーワードでは中々上位
表示が難しいということであれば、コンバージョン率の良い「赤ワイン」
を徹底的に行うということで良いでしょう。



結果を見て客観的に分析して、仮説を立てて、今後の施策の優先順位・
具体的な戦術を練ることは非常に重要です。



きちんとした仮説は良い結果が早く生まれるものです。




WEB戦略/マーケティング NEWS
 

ご相談・お問い合わせはお気軽に

当社執筆書籍のご紹介

「アクセス解析によるWebサイト改善術」

アクセス解析によるWebサイト改善術

「SEO SEM 2010」

SEO SEM 2010

「WebDesigning」

WebDesigning

「GoogleAdWords&Analytics」

GoogleAdWords&Analytics