2011年01月24日

SEO対策をしていて上位表示されているのに注文が減っている?

 

SEO対策をしていて上位表示されているのにどんどん注文が減っている
企業も多いようです。



業界事情、外部環境によって傾向の違いはあるとは思いますが、
大きく2通りのケースが考えられます。



その1:マーケットそのものが急減していて、そもそもSEO対策を
しているキーワードの検索回数自体が減っているため、ユーザー
数自体が減っている。



その2:ユーザー数は以前とあまり変わらないのに、以前よりも
注文が減っている。



この「その1」と「その2」では、今後行うべき施策は全然変わります。



「その1」では、狙っているキーワードのマーケット自体が縮小している
ということですから、違うSEO対策も行うなど、マーケットを拡げていく
戦略を取らないといけません。

それかリストラに代表されるような規模に合わせて固定費を減らす
ということです。



「その2」では、競合他社のWEBサイトがより進化しているなどのことが
考えられます。ですから、現状のWEBサイトをよく見直してみて、
できるところは改善し、コンバージョン率を上げていく施策を
取らないといけません。



見ての通り、「その1」と「その2」では全くその後の対処するべき
アプローチ・施策が全然異なります。



結果が悪いからといって、むやみやたらと更新をしたり、ソーシャル
メディアを行ったりしている企業がありますが、そもそもの「原因」
を追求した上で、改善していかないと無駄に終わります。



何をするべきかを明確にして改善していきましょう。



---------------
WEB戦略/マーケティング NEWS
 

---------------

WEBコンサルティンググループ株式会社

 

 

ご相談・お問い合わせはお気軽に

当社執筆書籍のご紹介

「アクセス解析によるWebサイト改善術」

アクセス解析によるWebサイト改善術

「SEO SEM 2010」

SEO SEM 2010

「WebDesigning」

WebDesigning

「GoogleAdWords&Analytics」

GoogleAdWords&Analytics